メールでのお問い合わせはこちら
パンフレットのダウンロードはこちら
  • 地盤調査
  • 地盤改良・杭打・杭抜
  • 土壌調査・対策工事
ご挨拶・会社概要
採用情報
企業獲得ランク「aa」取得

タイガーパイル工法

建築技術性能証明書取得工法(GBRC性能証明)

タイガーパイル工法とは段付き鋼管を芯材として用いたソイルセメントコラム工法です。小規模な建築物に多用されるソイルセメントコラム工法(深層混合処理工法)の優れた支持力(柱状改良の約2倍)と、付着力特性を高めるため段付き形状の鋼管を芯材として採用することにより鋼管のメリットを合わせて高性能を実現し、品質のばらつきを低減します。

タイガーパイル工法建築技術性能証明書01

安全性の比較

タイガーパイル工法写真1
  1. ソイルセメントコラム

    杭頭部周辺に応力が集中するため固化不良や土塊があると崩壊する。

  2. タイガーパイル

    芯材効果により応力集中を防ぐと共に芯材全長で支えて影響を回避できる。

腐植土地盤における適用性

タイガーパイル工法写真2
  1. ソイルセメントコラム

    腐植土により固化不良が発生する地盤の場合、強度を保てず設計できない。

  2. タイガーパイル

    芯材の材料強度及び腐植土部分を除いた支持力の小さい方まで設計考慮できる。

攪拌翼の仕様

攪拌翼の仕様

掘削翼2枚、攪拌翼8枚。
共回り防止翼が攪拌翼を囲むようにして1カ所に配置され、攪拌翼の間隔も大きい形状をしており、回転力が大きく必要な土質に適している高回転タイプの攪拌装置。