メールでのお問い合わせはこちら
パンフレットのダウンロードはこちら
  • 地盤調査
  • 地盤改良・杭打・杭抜
  • 土壌調査・対策工事
ご挨拶・会社概要
採用情報
企業獲得ランク「aa」取得

柱状改良工事

柱状改良工事とは

柱状改良工事とは、安定した地盤までセメントミルクを噴射注入し、土の中にコラムと呼ばれる柱状体を造り、その上に住宅の基礎を作るという工法です。地盤の強度、質、基礎形状等により設計され、柱状体の径、本数、長さ、配置が決定します。軟弱な地盤や支持層がない場合でも、柱状体の周面摩擦力によって対応可能です。支持層が傾斜している場合でも対応しております。

柱状改良工事イメージ
共回り防止ビットの採用
一般的な攪拌ビットは、粘土質層の粘着力が極端に高い場合、十分な攪拌が成されずセメント系固化材がまだらに分布してしまい、良質な柱状体が出来なくなってしまいます。当社が採用している共回り防止ビットは、攪拌翼が一枚多く更に固定されている為、このまだら現象を防ぎ良質な柱状体をつくることができます。

柱状改良工事の主な工法